〜アメリカで生きていくマインド〜

日本人がほとんどいないエリアで暮らすアメリカライフをもっと快適に!!
アメリカ生活情報&子育てママに役立つ情報をブログとInstagramで発信中!!

アメリカでシミを消す効果的な基礎化粧品を検証してみた!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ハイドロキノン配合のナディノラとセラヴィのレチノールセラム アメリカ生活お役立ち情報
フロリダ在住<br>女性
フロリダ在住
女性

日本より紫外線が強い

フロリダに引っ越して

一年が経過。

シミが濃くなるが

薄くする方法はないのかな?

テキサス在住<br>駐在員妻
テキサス在住
駐在員妻

日差しが強いアメリカは

サングラスや帽子が必須。

それでもできてしまうシミ。

シミ予備軍を抑えるには?

筆者yucarrie
筆者yucarrie

日本にいた頃からうっすら

出現してたシミが

アメリカ移住後どんどん

濃くなってどうしたら

良いかわからなく

迷走中。

☆今回の記事を読んでわかること☆
・アメリカ在住者がシミを予防する効果が期待できる化粧品がわかる。
・実際にシミに効くと言われる商品を使ってみた体験者のレポートが知れる。

もし、あなたがアメリカ在住または渡米準備中でシミに特化した基礎化粧品について知りたい場合は役に立つ情報です。ぜひ最後まで読んでみてください。

※この記事は5分で読めます※

【エクスプレス便】【リニューアル!】 【お得☆3個セット】ナディノラ スキンディスカラレーション フェイドクリーム  エクストラストレングス ( Hexylresorcinol 配合クリーム) 64g Nadinola Skin Discoloration Fade Cream

アメリカでシミを消す効果的な基礎化粧品を検証してみた!

ハイドロキノン配合のナディノラとセラヴィのレチノールセラム

肝斑シミにはトレチノインとハイドロキノン

一般的に30代、40代の女性に多いといわれる左右対称にできるシミは肝斑といわれています。

肝斑にアプローチするにはトレイチノンハイドロキノンの併用が最も効果的であると言われています。

ところがトレイチノンは成分が強力であるため、皮膚科医の処方が必要になります。

トレイチノンと同様の効果が期待できるレチノールとは?

トレイチノンと同様の効果が期待できるレチノールという成分について調べてみました。

レチノールとトレイチノンは、どちらもビタミンAに関連する成分であり、皮膚の健康と美容に利用されます。しかし、いくつかの重要な違いがあります。

  1. 化学的な構造: レチノールはビタミンAのアルコール形態であり、レチノイン酸の前駆体となるものです。一方、トレイチノンはレチノイン酸の一種で、直接的な活性形態として使用されます。
  2. 効果と強さ: トレイチノンはレチノールよりも強力な作用を持ちます。トレイチノンは皮膚細胞のターンオーバーを促進し、古い皮膚細胞の剥離を促します。これにより、にきび治療や皮膚の老化に関連する問題の改善が期待できます。レチノールも同様に皮膚の再生を促進し、シミやしわの改善に効果がありますが、トレイチノンほど強力ではありません。
  3. 利用方法と販売形態: レチノールは、一般的には市販の化粧品やスキンケア製品で見つけることができます。一方、トレイチノンは、医師や皮膚科医の処方箋が必要な場合があります。トレイチノンは、より専門的な皮膚治療に使用され、にきびや他の皮膚疾患の治療に使用されることがよくあります。
  4. 刺激性と副作用: トレイチノンは強力な成分であり、一部の人にとっては刺激や乾燥を引き起こす可能性があります。レチノールも一部の人にとっては刺激がある場合がありますが、トレイチノンほど刺激性は高くありません。

総じて言えば、レチノールは一般的なスキンケア製品に使用されるビタミンAの形態であり、トレイチノンはより強力な治療効果が求められる場合に使用されるレチノイン酸の形態です。どちらの成分を使用するかは、個々の皮膚の状態や目的によって異なる場合がありますので、医師や皮膚科医との相談が重要です。

悩んでる女性
悩んでる女性

いずれもシミやしわ、ニキビ跡に

効果があるビタミンA誘導体で

トレイチノンは強力なため医師の

判断のもとで使用可能。

レチノールは市販されているのね。

アメリカで市販されているハイドロキノンとレチノール

いずれも成分濃度が濃いものは医師の判断が必要になるが、一般的に市販されているものは試すことができます。

わたしが実際に試してみたのはこちら

日本の方は楽天市場で買えます。

【エクスプレス便】【リニューアル!】 【お得☆3個セット】ナディノラ スキンディスカラレーション フェイドクリーム  エクストラストレングス ( Hexylresorcinol 配合クリーム) 64g Nadinola Skin Discoloration Fade Cream

アメリカ在住の方はこちら

アメリカでしか買えない?と話題のハイドロキノン・ナディノラ

関連記事

ところが実際に試してみてわかったことがあります。

ナディノラだけでは頑固なシミは消えない。

これはどういうことかと言うと、ナディノラ(ハイドロキノンクリーム)はシミを未然に予防する効果は高く、肌のトーンを明るくするのに効果は期待できますが、すでに出現し何年も経過した頑固なシミには効果はない、と言うこと。

このナディノラ(ハイドロキノンクリーム)とレチノールを併用することですでにできてしまって何年か経過した頑固なシミに効果が期待できると言うわけです。

ビタミンA誘導体であるレチノールは体内で代謝を受けてレチノイン酸に変化します。

レチノイン酸は「角質を剥がすピーリング作用」、「皮脂の分泌を抑える」、「コラーゲンやヒアルロン酸の生成を増やす」、「ターンオーバーを促進する」などの働きがあります。

Dark spots

レチノールとハイドロキノンを併用したところ効果が出てきた!?

ハイドロキノンとレチノールを併用することで、シミを薄くする効果が期待できます。これらの成分は、それぞれ異なるメカニズムでシミの改善に寄与します。

ハイドロキノンは、メラニンの生成を抑制する働きがあります。メラニンは皮膚の色素を形成する物質であり、シミや色素沈着の原因となることがあります。ハイドロキノンはメラニンの生成をブロックすることで、シミの形成を防ぎ、既存のシミを薄くする効果があります

シミに悩む40代女性
シミに悩む40代女性

ハイドロキノンは

メラニンの生成を抑制

する働きがあるのね。

一方、レチノールは皮膚の細胞ターンオーバーを促進し、古い皮膚細胞の剥離を助けます。これにより、新しい健康な皮膚細胞が上に移行し、シミが薄くなる効果があります。

ハイドロキノンとレチノールの<br>違いを知りたい人
ハイドロキノンとレチノールの
違いを知りたい人

レチノールは皮膚の細胞に

アプローチして

古い皮膚細胞の剥離を

助けターンオーバーに

よってシミを薄くする

効果があるのね。

筆者yucarrie
筆者yucarrie

ハイドロキノンとレチノールを併用することで、メラニンの生成を抑制しながら皮膚の再生を促進するため、シミの薄さや複数のシミの改善が期待されます。ただし、個々の皮膚の状態や感受性によって結果は異なる場合があります。

ハイドロキノンとレチノールの併用は皮膚への刺激や乾燥を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。使用する際には、医師や皮膚科医の指示に従い、適切な使用方法と頻度を守ることが重要です。また、副作用や適応症についても医師と相談することをおすすめします。

筆者が市販されているハイドロキノンとレチノールを実証!!

シミに悩む女性

市販されているハイドロキノン(ナディノラ)とレチノールを使用して半年が経過。

頰のシミが薄くなってきたのが実感できる。

ハイドロキノン(ナディノラ)は刺激を感じなかったが、セラヴィのレチノールセラムは使い始めた時や何日か開けてしばらくしてから使用を再開すると肌に若干の刺激を感じた。

レチノールとハイドロキノンの肌への影響をしっかりと理解した上で使用するかどうかを決めてください。

わたしが使ったレチノールはこちらから

わたしが使ったハイドロキノンはこちら

アメリカでシミを消す効果的な基礎化粧品を検証してみた!まとめ

ハイドロキノンはメラニンの生成を抑制する働きがあります。まだできて間もないシミやこれからできる肌の奥に潜んでいるシミの元に効果が期待できます。

一方、レチノールはビタミンA誘導体であり、皮膚の細胞ターンオーバーを促進し、古い皮膚細胞の剥離を助けます。これにより、新しい健康な皮膚細胞が上に移行し、シミが薄くする効果があります。

それぞれのシミにアプローチする効果をしっかりと理解した上で、あなたの肌に合うものを選んでくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

【エクスプレス便】【リニューアル!】 【お得☆3個セット】ナディノラ スキンディスカラレーション フェイドクリーム  エクストラストレングス ( Hexylresorcinol 配合クリーム) 64g Nadinola Skin Discoloration Fade Cream

/

海外移住

海外移住のブログランキングに参加しています。今回の記事を気に入っていただけましたら、最後にポチッと押していただけると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました