【2021年最新版】これがザ・リアルアメリカ生活事情/海外旅行や駐在・永住者が生活にクレジットカードが必要な理由

国際結婚とアメリカ移住
スポンサーリンク

海外 で 使える クレジット カード

海外旅行や駐在・永住者がクレジットカードが必要な理由とは

日本もクレジットカードやプリペイドカードなどの

普及が進んでいますが

アメリカは古くから現金を持たない人がほとんどです。

また、アメリカではクレジットカードと並んで

デビットカードもよく使われています。

デビットカードはクレジットカードのような後払い式ではなく

直接銀行口座から

引き落とされる即時決済型です。

堅実かつ安全なので

アメリカ国内では非常に人気の高い決済手段の一つと言えます。

またアメリカでは家のローンや車のローンを組むときなどにも

クレジットヒストリーが大事になってくるほど

日本とは比べ物にならないくらい

クレジットカードが必需品となります。

今回は滞在してすぐにアメリカのクレカを作れない人もいると思うので

日本から持っていって良かった

「海外で使える日本のクレジットカード」

についてご紹介していきたいと思います。

日本のクレジットカードやデビットカードはアメリカでも使える?

クレジットカードとデビットカード

さらにはネットショッピングに安心のペイパル

スマホアプリ決済なども数多くあり

アメリカのキャッシュレス化のレベルが日本とは比べものにはならないくらいです。

そもそも、なぜ海外に行くのにクレジットカードが必要?

 

私が20代のころワーホリに行っていた頃も

もちろんクレジットカードはありましたが


それと併用し、トラベラーズ・チェックを持って行っていました。

現在はクレジットカードが昔に比べてますます便利になり、
現地のATMで現金を引き出すことも可能です。

日本で円から現地通貨に両替するにしても

海外で現地通貨に両替するにしてもいずれも手数料が結構かかり

損した気分になったのは私だけでしょうか?

トラベラーズ・チェックも手数料がかかります

銀行に行く時間や手数料などのコスト面を考えてもクレジットカードや

デビットカードやプリペイドカードはとっても便利

実際に私も使っています。

日本も今やキャッシュレス化が進んできたので

クレジットカードやペイパルなどを活用し
現金を少額しか持たない人が増えてきたり

自動販売機ではWAONやSuica

Edyといった電子マネーをかざして

現金いらずで飲み物を買えるようになりましたよね♪

日本のみならず、海外でも今後ますますキャッシュレス化が進むと思われます。

【2021年現在】アメリカのキャッシュレス化リアル事情

今回私がアメリカに来てちょっぴり驚いたのが

アメリカはだいぶ前から

クレジットカード社会で現金をあまり持ち歩かない

ことは聞いていましたが

ジムの自動販売機までクレカ使用になっていたこと。

自販機まで

クレジットカード支払い

アメリカの自動販売機


なぜか毎回飲み物を買おうと現金を入れても
読み込んでもらえず・・・。
毎回クレジットカードで飲み物を購入しています(^v^;)。

ジムの飲み物自販機はスポーツドリンクやプロテインドリンクなど種類が豊富

アメリカ移住前に旅行でアメリカを訪れていた時も
現在、移住してからも日本のクレジットカードは
大活躍しています。

やはり他の方の記事でも書いていますが

海外で使えるクレジットカードはいくつかありますが

VISAと Master cardが最強です


JCBも私は持っていますが

お店によっては使えないところもありました。

ちなみにジムの自動販売機もJCBは使えませんでした。

海外では磁気不良などでクレジットカードが使えないトラブルも

珍しくありません。海外旅行や滞在にはクレジットカードは複数持っていくことを

オススメします。

スポンサーリンク

海外で便利なオススメクレジットカード

オススメ1:JALカード

飛行機によく乗る人ならショッピングのたびにマイルがたまるJALカードが

オススメです。

オススメ2:エポスカード

また主婦の方にもオススメしたいのが年会費が永年無料のエポスカード。

何かと出費を抑えたい方にもオススメ。

ポイント還元率は0.5%
1契約のご利用金額200円(税込)につき1ポイント!

日々の生活の中でポイントがたまるのも嬉しいですね。

しかもVISAなら海外でも安心して使えます。

またアニメキャラクターデザインなども豊富で

人とデザインで差をつけたい人にもオススメです。

オススメ3:楽天カード

普段から楽天サイトをよく利用する方ならぜひ持っておきたい楽天カード。

入会特典でポイントももらえ、年会費も永年無料というのが魅力です。

まただんだんと日本国内で楽天ポイントの還元率が高いお店が増えています。

もちろんVISAやMaster カードなら海外でも大活躍です。

デビットカードとプリペイドカードの違いとは

https://www.rakuten-bank.co.jp/debit-card/

クレジットカードのキャッシングは請求が怖い!不安!という方は
プリペイドカードやデビットカードがオススメです。
月々の請求が来てビックリ!!

という不安な思いをしたくないので

私も実際にデビットカードやプリペイドカードを愛用しています。

デビットカードは日本出発前に日本の銀行口座に日本円で

現金を預けておくと

海外到着後に現地ATMで現地通貨を引き出すことが可能

でとっても重宝しています。

また、私のこれらのカードにはVISA機能もついているので

VISAが使用可能なお店では

クレジットカードのようにカードリーダーに入れて

現金いらずで支払い可能です。

事前に両替所に行く必要もなく

時間的にもコスト的にもお得でとってもオススメです。

プライベートでは楽天カードが活躍しています。

利用すればするほどポイントも貯まるので次のお買い物に活かせます♪

デビットカードは預金口座からの即時引き落とし

プリペイドカードは事前にチャージした残高からの支払いとなります。

いずれも1回払いのみです。

わたしはこの違いを使うまで理解できなかったので

混乱してしまった方の助けになれば嬉しいです。

海外 で 使える クレジット カード結論


VISAとMaster cardがついていればどんなクレジットカードでもOKです。

月々の支払い請求管理が不安な方はデビットカードやプリペイドカードがオススメ。

いずれにせよ

磁気の不具合などでまれにカードが読み取れないこともありますので、やはり複数持っていると安心ですね♪

ジムの自動販売機で今日はこのベリー味のお水を購入。

海外 で 使える クレジット カードまとめ

日本から持ってきたVISAと Master Cardのクレジットカードが問題なく使えました。

いかがでしたか?


今回は海外旅行・海外生活経験豊富な私がオススメする海外で使える日本のオススメクレジットカードやデビットカードをご紹介させていただきました。

いずれもカード作成時には「日本在住」であることが条件になるので

出国前に受取可能なように早めに準備しておくことをオススメします。


海外にご旅行や駐在・永住されるご予定の方の

不安が少しでも解消されれば幸いです。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければ読者登録・ブログ村のランキングにも参加しておりますので、最後にポチッと押していただけるととってもとっても嬉しいです。

フロリダ日常生活とバイリンガル子育てまで - にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ではではSee you next time!!!

タイトルとURLをコピーしました