【アメリカ子育て】オススメ!子供と楽しむセントパトリックデー

wood bar drinks friendsアメリカ子育て情報
Photo by RODNAE Productions on Pexels.com
スポンサーリンク

はじめに

 みなさん、セントパトリックデーをご存知ですか?

わたしはアメリカ移住するまで、緑の服を着たりする日でしょ?くらいで、よく知りませんでした。

アメリカで子育てをしていると学校によりますが、セントパトリックデーのイベントがあるところもあるようです。

今回はアメリカに住んだら知らないでは済まない?

セントパトリックデーを深掘りしていきたいと思います。よろしければ最後までおつきあいください。

スポンサーリンク

まずはセントパトリックデーの由来から

 セントパトリックデーとはアイルランドにキリスト教を伝えた聖パトリックの命日。

毎年、3月17日。アイルランドはもちろん、世界中にいるアイルランドの子孫たちがこの日をお祝いします。

アメリカではシカゴやニューヨーク、ボストン、西海岸などにアイルランド系アメリカ人が多く住んでいるようで、2020年、2021年はコロナの影響が出ましたが、パレードをしたり盛り上がっていたようです。シカゴで川を緑色に染めた映像は日本人の私にはなかなか衝撃的でした。

こちらの記事を参考にさせていただきました

グリーンにクローバー、goldcoin(金貨)、leprechaun(緑の妖精)が象徴

wood bar drinks friends
Photo by RODNAE Productions on Pexels.com

 アメリカ人の旦那さんが”そういえば、小学生の頃にセントパトリックデーに緑のものを身につけて行かないと友達につねられたなあ”って言ってました。どうやらアメリカでは昔から宗教とかアイルランド系とか関係なく、セントパトリックデーには緑色のものを身につける習慣があったようです。

子供とleprechaun(緑色の妖精)を捕まえる罠をしかけよう!!

 娘がYouTubeを観て、アメリカの子供たちがleprechaun(緑色の妖精)を捕まえる罠をしかける、というのを”わたしもやりたい!!”と言ったのがきっかけでした。

こんな絵本もあります。

わたしのInstagramで実際にわたしたち親子が作った罠の写真を載せています。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

leprechaun(レプリカン)とは?

 そもそもleprechaun(レプリカン)を知らなかったわたし。

leprechaunとは緑色の帽子や洋服を身につけた手のひらサイズの小さいおじさんの妖精で、魔法が使えて、目には見えないくらい動きが速いんだそうです。

“それを想像しただけで笑ってしまう”と夫に話したら

こんな映画を教えてくれました。

leprechaun(レプリカン)が出てくる映画

日本語タイトルはこちら

ダービーおじさんと不思議な小人たち (Darby O’Gill and the Little People)

セントパトリックデー当日の過ごし方

しかけた罠にleprechaun(レプリカン)がいるか確認する朝。

 子供たちは自分たちが仕掛けた罠にleprechaunが捕まっているかワクワクして眠い目をこすりながら、罠を確認します。

レプリカンは捕まえられなかったけど、レプリカンから手紙が!?

うわー!!レプリカンからカードが!?キャンディもあるよー!うちにコインを盗みにきたんだね!

などと盛り上がります。

子供向けのセントパトリックデー、レプリカンに罠を仕掛ける様子を描いている絵本はいくつかあります。

また来年!というメッセージ。

まとめ

 今回は子供と楽しむセントパトリックデーというテーマで、leprechaun(緑色のおじさん妖精)を捕まえる罠を作ろう!!とわたしの実際の経験を交えながらご紹介させていただきました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おまけ

ギネスビールとよく合うピクルスのフライ

大人の楽しみ方は緑のものを身に付けてアイリッシュ・パブでギネスを飲む!

わたしが住む街のアイリッシュ・パブを紹介した過去記事はこちら

フロリダ日常生活とバイリンガル子育てまで - にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました