【アメリカ子育てVPK編】自己紹介ツールMe bagでShow&Tell

アメリカ子育て情報

スポンサーリンク

アメリカではVPK(プレスクール)就学前からShow&Tellがある!!

日本の受け身な教育とは大きく異なり、小さな頃から人前で発表する教育

最近の日本の教育もわたしが育ってきた時代とは

大きく変わっていると思いましたが、

アメリカに来て

「すごいな〜」と感心したのが

就学前のプレスクール(娘はフロリダの就学前サービスVPK)

ですら人前で発表をするんです。

みなさんは”Show&Tell”って聞いたことありますか?

“Show&Tell”とは

自宅から学校で自分のことを

紹介するためのツール(道具)と

持っていき、

その持っていったものを使って

自己紹介をする、というもの。

これからアメリカ移住される予定の方や、

小さなお子様がいる方でアメリカの教育システム、

学校事情にご興味のある方向けの内容となります。
よろしければ、最後までお付き合いください♪

スポンサーリンク

”Me bag”とは?

Show&Tellで自己紹介をするためのツール”Me bag”

昨年8月に新学期が始まった頃、
娘が初めてhomework(宿題)を持ち帰って
きました。

私は日本で児童英語講師をしてきたので
4歳のクラスでどんな宿題がでるのか
興味津々でした。

Show&Tellというのは

自己紹介の時に家から

何かものを持っていく。

ということくらいは知っていましたが、

学校から”Me bagを作って来てください”

とお便りが来ました。

実際に娘が学校から持ってきたプリントは
こちら(写真添付)

”わたしは特別”な存在であると
みんなの前で自己紹介をするための
助けになるものを
自宅から3〜5個小さな物をこの袋に入れて
持ってきてください。

を書かれていました。

 “Me bag”とは自己紹介をするための”ツール”をいれる袋。

ラッキーなことに我が家には元小学校教師のおばあちゃんがいるので、

“Me bag”のhomeworkが出たと話してみると、


「ああ、わたしも現役時代、新学期によくやったわ。」とのこと。


アメリカではどうやら定番の新学期にする自己紹介ツールだったようです。

好きなように袋を装飾して良いと書かれて
いたので娘と一緒に楽しみながら
学校から持ち帰った紙の袋を
可愛くしてみました。実際の写真はこちら
(写真添付)

たまたま家にあったキットを使用

悩みに悩んでShow&Tell

Me bag中身は?


我が家はこんなのを袋に入れて用意しました。
①fan (扇子)

パパがおばあちゃんに昔プレゼントした扇子


②chopsticks(箸)

これも昔パパがおばあちゃんにプレゼントした長寿箸


③日本で雪遊びをした写真

フロリダに住む4歳の子供たちにとって
きっと雪は見たことも聞いたこともない
ものかもしれない。

とこれはわたしの
アイディア。

fan(扇子)とchopsticks(箸)は
グランマのアイディア。

Hello. My name is 〜.
I’m from Japan.
と言って”Me bag”の中身を
みんなに見せる。
この練習を自宅で数回しました♪


「私のクラスの子たちでも(一年生)緊張して
何も言えなくなる子はよくいたから
あまり心配しすぎないで」と安心する
コメントをいただきホッとしました。

初めてのShow&Tell4歳の娘は楽しんできました。

実際には娘曰く、「みんなおもちゃとか持ってきてた〜!

わたしもおもちゃを持っていきたかった〜!」と


言われたのですが、先生ウケはとっても良かったです。

先生が素晴らしいMe bagを用意してくれて、お母さんありがとうございます、と。

 


今回の記事を気に入っていただけましたら、

読者登録・ブログ村のランキングにも参加していますので、
よろしければ最後にポチッと押していただけますと
とっても嬉しいです。


最後までお読みいただきまして
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

フロリダ日常生活とバイリンガル子育てまで - にほんブログ村

ではSee you next time!!!!

タイトルとURLをコピーしました