【アメリカンスクール】知ってた?バレンタインは学校行事!!

photo of boy holding heart shape paper on stickアメリカ子育て情報
Photo by Victoria Borodinova on Pexels.com

はじめに

 日本では学校にチョコを持って行くのが禁止されているところが多いと思いますが、アメリカの学校ではバレンタインがなんと、学校行事になっています。これにはわたし、ビックリしました!!

アメリカと日本のバレンタイン文化の違い

 まず最初に日本とアメリカのバレンタイン文化の違いを解説します。

日本では好きな男の子に女の子がチョコレートを渡しますよね。

アメリカにはホワイトデーはありません。

バレンタインデーに男の子から女の子、女の子から男の子、互いにカード交換やプレゼントを交換します。

プレゼントはちょっとしたおもちゃや文房具などです。

チョコレートも渡す人ももちろんいますが、お菓子はチョコレートに限らず、キャンディやクッキー、カップケーキを渡す人もいます。

ただし、コロナ感染リスクを避けるために今年は手作りお菓子やお店で買ったものでもカップケーキは禁止になりました。※各自治体、学校によって異なります。

娘が通うプレスクールも息子が通う学校も担任の先生から

「クラス内でバレンタインパーティーをするので、カード交換のカードとそれを入れるための箱を作って持って来てください。」

と連絡がありました。

ちなみにプレスクールの娘のクラスでは授業内でみんなで作るようです。

初めてのアメリカのバレンタインに母もドキドキ

 何もかもが分からないので、ネットから情報収集してバレンタインカードを入れるBoxを用意しました。

学校からのメールには大人のshoe boxに紙を貼ったりしてdecorate(装飾)してきてください。とのこと。学校から来たサンプル写真はこちら↓

アメリカの学校ではバレンタインにカード交換をします。

これが終わった後にTargetやMichaelsでバレンタインカード交換用のBox作成キットが売られているのを見かけました(^v^)★

下の子の時はそれにしようと決めました(笑)。

わからないなりにバレンタインカード交換用Boxを完成

 日本では息子が幼稚園や小1の授業参観の時に親子で工作をしたのを思い出しました。

コロナじゃなければアメリカも授業参観などあったようですが、コロナ禍の中スタートしたわたしのアメリカ生活ではこれがアメリカの学校のやり方??と思ってしまいますが、以前はもっと先生たちとも密に会話したり、ざっくばらんになんでも聞けていたのが、先生と保護者、また、

保護者同士のコミュニケーションも取りづらいのが現状です。

わたしのInstagramより。

わたし、頑張った〜!!!笑。

たまには自分で自分を褒めることも必要ですよね(汗)。

先生からのお便りの参考写真をみて作りました。

まとめ

 いかがでしたか?今回はアメリカに住まないとわからない?

アメリカのバレンタインは学校行事です!!!!

という日本人ならきっと知らない?アメリカに移住してびっくりなアメリカンスクール事情をご紹介させていただきました。

わたしのブログではアメリカ生活情報や子育て、スクール事情、などなどを発信しています。

今回の内容が面白かった、また読んでみたい、と思っていただけましたら読者登録をお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村フロリダ日常生活とバイリンガル子育てまで - にほんブログ村
デコレーション(装飾)は息子とおばあちゃんで。

InstagramやTwitterのフォローもよろしくお願いします。

yukarin (@floridaushappylife) • Instagram photos and videos
179 Followers, 146 Following, 51 Posts - See Instagram photos and videos from yukarin (@floridaushappylife)

コメント

タイトルとURLをコピーしました