【アメリカ在住主婦が解説】いまさら聞けないサンクスギビングとは?

国際結婚とアメリカ移住

はじめに

 わたしはアメリカ人の夫と結婚して約11年、2020年に入り、家族でアメリカに移住してきました。日本に住んでいるころからサンクスギビングには夫がターキー(七面鳥)を買って、料理してくれ、家族でサンクスギビングを祝っていました。

そんな私が、アメリカに来て新たに知り得た、本場アメリカのサンクスギビングについてご紹介していきたいと思います。

よろしければ最後までおつきあいくださいね♪

いまさら聞けないサンクスギビングとは?

  

毎年11月の第四木曜日がサンクスギビングデー(感謝祭)となります。ニューヨークでは毎年サンクスギビングをお祝いするパレードが行われて盛大にお祝いします。

今年はコロナの影響でいつも通りにはいかないようですが、パレードの様子のYouTubeは

こちら↓

Verizon Live: Macy's Thanksgiving Day Parade 2020

サンクスギビングの歴史

 そもそもサンクスギビング(感謝祭)とは何なのか?

ルーツをさかのぼるとサンクスギビング(感謝祭)の歴史は

なんと”17世紀”。

”ピルグリム”と呼ばれるイギリスの入植者グループと現在のマサチューセッツの地元部族”パタクセット族”との間での食事会が最初の始まりだったと言われています。ピリグリムはパタクセット族がカボチャやとうもろこしの育て方を教えてもらうまで生き延びるのに必死だったそうです。

パタクセット族にカボチャやとうもろこしの育て方を教えてもらい、たくさんの収穫をすることができたピリグリムたちは感謝の気持ちを伝えるためにパタクセット族をディナーに招待したとのこと。

最も伝統的なサンクスギビングディナーはターキー(七面鳥)の丸焼きにグレービーソース、クランベリーソースを添えて、ローストされた野菜、デザートにはパンプキンパイ。

サンクスギビングにはアメリカ人は何をする?どう過ごす?

 先にお伝えしたようにNYのメイシーズのパレードに参加したり、またそのパレードの様子を家族でテレビで見たり、ほとんどの一般的なアメリカ人の過ごし方は家族や親戚が集まり、ごちそうを囲んで夕食を共にするようですね。日本のお正月みたいですね。

州によってレシピや食卓に上がるものの違いはあるものの、伝統を重んじる家族は

ターキー(七面鳥)の丸焼きにグレービーソースやクランベリーソース添え、マッシュポテトやグリーンビーンキャセロール、コーンブレッド、とうもろこしのパン、サツマイモやカボチャを使ったデザート(パイなど)を食べることが多い。

ウィキペディアより一部引用

また近年はアメフト観戦を家族で楽しむ家庭も多いようです。

ターキー(七面鳥)にpardon(恩赦)!?

 これもアメリカならでは?

サンクスギビングの朝にはホワイトハウスで大統領が二羽のターキー(七面鳥)を恩赦する(Turkey Pardon)という行事が行われる。なんだかアメリカっぽいなあ、と思うのは私だけでしょうか?(笑)

アフターサンクスギビングプラスお楽しみ♪

 サンクスギビングの翌日の金曜日はブラックフライデーと呼ばれるビックセールがあちこちで開催されます。ブラックフライデーという名前の由来は

フィラディルフィアの警察が人が外に溢れて仕事が増えるために「真っ暗な金曜日」と呼んだことがきっかけとされる。感謝祭の翌日の金曜日のことを指す。

ウィキペディアより引用

アメリカはその年の夏からクリスマスショッピングを始める人が多いが、このブラックフライデーのビックセール期間に一気にクリスマスプレゼントを買いあさる人が多い。日本でも最近、アマゾンや楽天などをはじめ、ブラックフライデーセールを開催するのを目にするようになりましたね♪

[Amazon限定ブランド] キリン LAKURASHI アルカリイオンの水 PET (2L×9本)

新品価格
¥1,189から
(2020/11/27 08:08時点)

まとめ

 

 実はターキー(七面鳥)をはじめとするごちそうを食べるだけのイメージだった私ですが、アメリカ人と結婚したのをきっかけにもっと深い意味があることを知りました。

この記事が多くの人々に読まれてサンクスギビング(感謝祭)の意味を深く理解できる人が増えることを願います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

See you next time!!!!

ロコタビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました