【海外赴任・海外留学】海外生活に必要な英語力とは

オススメ英語学習法
スポンサーリンク

海外赴任や海外留学生活に必要な英語力ってどれくらい?

海外赴任や海外留学生活に必要な英語力は中学3年までの英語力

私は二児の母で現在、アメリカで生活しています。

過去にオーストラリアに一年間ワーキングホリデーで滞在した経験があります。

日本では児童英語講師をしていました。

そんなわたしですが、約20年前、英語力ゼロから海外生活をスタートしました。

実際に経験したわたしの実感として、

海外赴任や海外留学生活に必要な英語力は最低限、中学3年までの英語力は必要だと思います。

こちらはレッスン品質を重視した35周年もの歴史を誇るオンライン英会話教室の

老舗ELT school of English

イギリス英語を学びたい方向けです。

日本時間の17:00から23:30の間で受講できます。

無料体験レッスン実施中です。

詳しくはこちらから↓ ↓ ↓

海外赴任・海外留学生活に必要な英語力・・・実体験”英語力ゼロ”で海外生活してみるとどんな感じか

 余談ですが、オーストラリア英語はイギリス英語がベースとなっていて
 田舎の方に行くとなまりがありますが、現地の語学学校ではイギリス英語でした。
 アメリカ英語とは発音や綴りに違いがあります。

日本人が多いシドニーで暮らし、

語学学校の友達も日本人ばかりだったころは

オーストラリアにいても

はっきり言って英語が話せなくても生活はできました。

しかしながら

英語が話せる友達と常に一緒にいると

買い物に行く時も英語を話すチャンス

なのに自分自身が英語を話す

チャンスを逃してしまいます。 

次第にこんなの日本にいるのと変わらないな、

何のために海外に来たんだろう?と考えて一人旅をしました。

つまり、

 ズバリ、日本人がいない環境に身をおくと英語力が一気にアップします。
 海外生活に必要な英語力は中学英語をしっかり理解し、運用できるか

まずはリスニングです。これは実際に英語力ゼロで20代の頃、オーストラリアにワーホリに行った私の経験からお話しています。

スポンサーリンク

海外赴任・海外留学生活に必要な英語力を身につけるには?

具体的に海外赴任・海外留学に必要な英語力をみにつける方法

海外赴任・海外留学に必要な英語力

中3までの英語をしっかりと理解し、運用できること。

とお伝えしてきました。

では具体的にはどうすれば良いのか?

相手が言っていることが理解できなければ

会話ができるはすがありません。

これから海外移住する予定の方は

中学英語の徹底的な復習をオススメします。

どんな風に勉強したら良いかわからない方は

まずこちらの本から読んでみてください。

難しいことはわかりませんが

英語が話せる方法を教えてください!

 ↓ ↓ ↓


難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

この本を読むと勉強の仕方や

英語学習に成功する秘訣がわかります。

amazon kindle unlimitedなら

対象商品は0円で読めます。

難しく考える必要は全くありません。

この本の何が良いかって?

では少しだけネタバレしてしまうと、

日本人が英語が苦手な原因、

または苦手意識を持ってしまうのは

日本の義務教育英語でパズルのような英語問題を解かされてきたので、

”正しい一つの答えを導き出すこと”がしみついてしまっている、

「英語を苦手」と思っていたとしても、それは日本独特の試験を解くのが苦手だっただけ。

答えは一つだけじゃないです。

学校では教えてくれなかった答え方がいくつもあります!!!

これから海外赴任・海外留学を予定されている方、

中学英語を徹底的に復習し、実践、

つまりはインプットだけではなく

アウトプットも必要です。

アウトプットとは実際に英語を話す。

身に付けた知識を
声に出して使っていくこと。

です。

ストイックに英語を身に付けたい方はこちら↓ ↓ ↓

月額4,900円〜、もちろん無料体験もあります!!!

初回実力診断テストを実施してくれるオンライン英会話もGood!

登録時の情報、および初回トレーニングであなたの英語の実力を診断。5つのスキルを伸ばす学習方法を提案してくれるので、何から英語を勉強したら良いかわからない方にもオススメ!!!

こちらのスクールは予習・復習が必須となっております。

まさに「本気」で英語を身に付けない方の駆け込み寺ですね。

 

海外赴任・海外留学生活に必要な英語力を身に付けたいなら

オンライン英会話を積極的に活用し、アウトプットを多めにしよう!!

難しく考えすぎない。間違えても良いからとにかく使う!

たとえば、これは実際に私が英語力ゼロだった時の

失敗談です。

友達と買い物に行った時のことです。

レジで”Do you need a bag?”

と聞かれましたが、

私はリスニングすら未熟だったので、

それを聞き取ることすらできませんでした。

“Do you need a bag?”

「袋は必要ですか?」と言っていたのです。

すぐさま一緒にいた友達が

“Yes. She needs a bag, thank you.”

と答えてくれたので良かったのですが、

今でこそ

なんてことない会話なのですが、

当時の私には全く聞きとれませんでした。

日本の学校では

日常会話で

一般的に使われる英語

を教えてくれません。

ただ、よくよく考えてみると

Do you need a bag?

あなたは袋が必要ですか

どれも中学英語で

習ったことのある単語を

組み合わせているだけです。

皆さんお馴染みの

Do you have a pen?

「あなたはペンを持ってますか」

Do you〜?で始まる

中1英語なのです!!!!

Do you〜で聞かれたら、皆さん、どう答えますか?

そうです。Yes,I do.

が正解です。

needは「必要」という意味ですね。

 bag はおしゃれなバッグ

を私はイメージしてましたが、

お店で入れてくれる紙袋やビニール袋も英語ではbagと言い表します。

こうして一つ「使える英語表現」を覚えた私は

次の買い物から友達がいなくても自信を持って

“Yes,I do.”

と答えることができました。

海外赴任・海外留学生活に必要な英語力にはリスニングを鍛えるべし

相手が言っていることが理解できなければ、会話ができません

そしてシチュエーション毎に

店員さんやウェートレスさんに聞かれるであろう質問文と

それに対する答えを頭に入れて繰り返し声に出すこと

 海外に住んでからはこの繰り返しでした。

インプットとアウトプットの繰り返しで英語は話せるようになります。

実際に私はこの方法で話せるようになりました。

よく日本にいた頃、

「英語が全く話せない初心者でも英語が話せるようになりますか?」

とよく聞かれました。

※日本にいた頃は夫婦で英会話教室を経営していました※

大丈夫です。話せるようになります。

ただし、予習、復習の家庭学習は必要です。とお答えしてきました。

海外で英語学習するのと日本で英語学習をする大きな違い

海外生活をしていると

自然に生活の中で覚えたことを使う(復習・実践)

できるのに対し、日本で生活すると自然と覚えたことを使うことは難しいからです。

だから予習、復習の家庭学習は必要なのです。

日本で英語学習を継続・実践していく方法はまた別の機会に

記事にして行きたいと思います♪

海外赴任・海外留学生活に必要な英語力とは

中学英語を上手に使えるようになれれば大丈夫

 

日本人はインプットだけして
アウトプットしてない人が多いです。

まずは中学英語を思い出して、使ってみましょう!

この疑問文に対してどう答えるか

というのを自分なりにノートにしていくのもオススメです。

アウトプットにはオンライン英会話もオススメです。

コスパ良し、講師の質にもこだわるなら

QQイングリッシュもオススメです。

QQイングリッシュについてのオススメ記事はこちら

いかがでしたか?

これから海外赴任・海外留学またはワーホリへ行く予定のある方などの

参考になれば幸いです。

この記事を気に入っていただけましたら、読者登録・ランキングの方も

ポチッとしていただけるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村フロリダ日常生活とバイリンガル子育てまで - にほんブログ村

それでは

See you next time!!!

Noteはじめました〜♪

海外生活に必要な英語力とは|yucarrie|note
 みなさん、こんにちは♪ 今回は海外生活に必要な英語力とは。というテーマで お話しさせていただきたいと思います。 さて、今でこそ私はアメリカ人と結婚をして アメリカで2人の子供の子育てをしていますが、 20年前のわたしは全くといって良いほど英語が話せませんでした。 そんなわたしが、日本で児童英語講師をするRead More

この内容を音声でも聞いてみたい〜♪という方は

音声配信でどうぞ♪

#6 海外生活に必要な英語力とは - 海外移住してわかる様々な気づき/アメリカでの子育て | stand.fm
20年前、全く英語が話せない状態からオーストラリアでワーキングホリデーをスタートし、その約5年後 に日本で児童英語講師になったわたしが、どのようにして英語を身につけていったのかをお話したいと思います。 もっと詳しいことはブログ記事に書いておりますので、興味のある方は読んでいただけると嬉しいですRead More
タイトルとURLをコピーしました