【アメリカ在住主婦が感じた】アメリカ独立記念日はすごい!!

アメリカ教養・文化

スポンサーリンク

アメリカ独立記念日(Independence Day)は毎年7月4日

アメリカ独立記念日(Independence Day)とはどんな日?

知りたい人
知りたい人

トム・クルーズの

7月4日に生まれて

って映画を見たから

アメリカ独立記念日

はなんとなく

知ってるけど

歴史は詳しくないな。

この記事を読んで欲しい人はこんな人

  • 7月4日アメリカ独立の歴史を知りたい
  • アメリカ独立記念日にアメリカ人はどう過ごすの?
  • 4th of Julyセールがあるって聞いたけど、どんなセールがあるか知りたい

という疑問を解決します。

筆者yucarrie
筆者yucarrie

アメリカ人の夫を

持つ移住2年目の

わたしが解説します。

7月4日アメリカ独立の歴史を知りたい

Map of America
アメリカ50州の歴史は面白い

アメリカの独立記念日と言いますが

そもそもアメリカはどこから独立したのでしょうか?

世界史を学生時代

テスト前に言葉だけ暗記していたわたしは


もうすっかり覚えてません!!!!

イギリス(当時のグレートブリテン王国)

から独立したんです。

皆さん、覚えてましたか???

yucarrie
yucarrie

私はすっかり忘れてました!!!

あれ?

ってことは現在のこの大きな大きな国土の


アメリカはイギリスの植民地だったの???

世界史に本当に興味があって深く勉強して知識を身につけた人なら


覚えているのかもしれませんが

わたしはすっかり忘れていました!!!

答えを聞いてもそういえばそうだったかも、くらい。

yucarrie
yucarrie

でも安心して。

ブログを書くように

なってわたしは

かなり勉強してるの。

今回もしっかり

調べたわ。

そんなわたしですが、今回はかなりじっくり勉強して

調べ、さらに歴史に詳しいアメリカ人の夫と義父にも

リサーチしました。

アメリカ独立までの歴史

1500年代からアメリカはスペイン、フランス、イギリスの植民地でした。


しかし1700年代に入り

イギリスとフランスが戦争し(1755年~1763年のフレンチ・インディアン戦争)

7年間にもおよぶ長い戦いののち

イギリスの支配下になりました。

戦争でお金を使い過ぎてしまったイギリスは

アメリカに住む人たちに高い税金

(1764年の砂糖法・1765年の印紙法)を

払うようにして行きました。


それがどんどん不満に思うようになってきたアメリカに住む人たちが


反乱を起こした(1773年ボストン茶会)というのが

アメリカ独立戦争のきっかけ


になり、イギリス軍との本格的な戦い(1775年レキシントン・コンコードの戦い)


が起きたというわけです。

その後も数々の戦いを繰り返し

実に1754年のフレンチ・インディアン戦争に始まり


1783年に完全にイギリス軍がアメリカから撤退するまで約30年もの間


アメリカはヨーロッパから独立し

自由を勝ち取るための戦いを繰り広げてきたわけです。

知りたい人
知りたい人

なるほど。

イギリスから自由を

勝ち取った独立

ってことですね。

yucarrie
yucarrie

そうなのよ。

だからアメリカ人の

原点は「自由を愛する」

国民性ってことね。

そこをしっかり理解するとアメリカ人気質ってのが

よく理解できるし、

現在のTVニュースなんかでも

どういうことがアメリカ人を熱くさせるのか

わかってくると思います。

30年もの長い戦いののちイギリスから独立を勝ち取ったアメリカという国
自由の女神
自由の象徴

アメリカ合衆国は「自由と平等」を掲げて
それまでヨーロッパからの重税で苦しい思いをしてきた人々長年の夢が叶い独立した国なのです。

イギリスとの戦争からはじまり、アメリカ独立の機運が高まり、
独立宣言が作成(トーマス・ジェファーソンなどにより)されることとなるわけなのですが、
1776年7月2日に13州による大陸会議にて
独立の決議が可決され、7月4日に独立宣言は正式に承認されました。

独立した当時は13州しかなかったアメリカという国

現在のアメリカ合衆国は50州ありますが、独立した当時は13州しかありませんでした。

当時の13州とは1.ニューハンプシャー州
        2.マサチューセッツ州
        3.ロードアイランド州
        4.コネチカット州
        5.ニューヨーク州
        6.ニュージャージー州
        7.ペンシルベニア州
        8. デラウエア州
        9.メリーランド州
        10.バージニア州
        11.ノースカロライナ州
        12.サウスカロライナ州
        13.ジョージア州

独立戦争前後はフィラディルフィアが中心となっていましたが

独立戦争後、最初の首都となったのはニューヨークでした。

その後フィラディルフィアに首都となった時期もありましたが

1800年に現在のワシントンDCが首都となりました。

アメリカ独立記念日にアメリカ人はどう過ごすの?

7月4日には全米各地で花火が上げられる

例年7月4日のアメリカ独立記念日にはアメリカという

国のお誕生日を全米中で


多くの人がBBQや花火を楽しみながら過ごします。

人々の挨拶が”Happy 4th of July!”だったり

“Happy birthbay,America!”だったりさまざま。

2020年は土曜日でしたが、2021年は日曜日ですね!

平日が7/4にあたると祝日となりまたほとんどの


会社に勤める人たち(オフィスワーク)もこの週はお休みになるようです。

7/4独立記念日の当日はコンビニ以外のお店は一斉に


日用品を扱うスーパーまでも休業となるくらい


アメリカ人にとっては

独立記念日はクリスマス・感謝祭と並ぶとても重要な日


となります。

若者たちは独立記念日にパーティで盛り上がる

若者は友人とお酒を飲んでパーティー、なんてこともあるようですが

一般的にはほとんどの人が家族と過ごすことが多いようです。


また2020年は中止になったところがほとんどと聞いていますが

連年ですと大きな都市では花火大会などもあり


全米で盛大にアメリカのお誕生日をお祝いするようです。

2021年はどうなるか楽しみです!!

4th of Julyセールがあるって聞いたけど、どんなセールがあるか知りたい

 独立記念日セール Independence Day Sale

アメリカ在住のお楽しみは年に数回あるビックセールの時期のお買い物!!

アメリカの5大セールとも言われ

テレビやラジオのコマーシャルでも盛んに耳にします。

最大70%〜80%OFFもあるようです。

家具、ベッド、キッチンキャビネット(リフォーム)など

高額商品の割引や車もローンの金利が下がるサービスがあったり

するそうです。

また、パソコン、タブレットなども安くなりやすいのがこの時期です。

昨年は外出規制で出かけなかったのですが

今年はどこかに買い物に行ってみようかと思っています。

アメリカ通販サイトリンクはこちら

↓ ↓ ↓

国際エクスプレス配達(送料無料)・返品簡単・ shopbop
スポンサーリンク

アメリカ独立記念日(Independence Day)とは まとめ

アメリカ独立記念日(Independence Day)とは毎年7月4日。

祝日となり若者たちはパーティ、一般的には家族で過ごす休日。

アメリカがヨーロッパから独立した記念日であり

「アメリカの誕生日」を国民みんなでお祝いします。

世界で最初の自由と平等の国アメリカ

当時、絶対的な権力を持っていたイギリス国王に立ち向かい


自由と平等」を勝ち得た

世界で最初の「自由と平等」の国。


そして経済活動の自由の観点から資本主義を生み出した国
アメリカ。

失敗を恐れずチャレンジする、自分たちの信念を持ち続け
変化を恐れない国、それがアメリカだと私は思っています。

久しぶりの長文記事となりました。

だんだん<br>アメリカに<br>興味が湧いてきた人
だんだん
アメリカに
興味が湧いてきた人

なんかアメリカ独立の

歴史を知るとこれから

ニュースを見る目も

変わってきそうだな。

yucarrie
yucarrie

うれしい!!

これからも

役立つ情報を

発信していきます♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

yucarrieblog - にほんブログ村世界中のお得な宿泊プランを検索【ホテルズコンバイン】
タイトルとURLをコピーしました