心に刺さる本〜ずっとやりたかったことを、やりなさい〜読書感想文・前編

読書感想文
スポンサーリンク

はじめに

 みなさんは大人になってから、子供の頃や学生のころに思い描いた未来と違う今に後悔したり、落胆したことはありませんか?

 そんなことは全くない。私は昔の自分が描いた通りの未来に今、生きている。

そう断言できる人はこのブログを読む必要はありません。

 大人になるって本当に振り返るとあっという間で、わたし自身がそうなのですが、立ち止まって考える余裕もなく、ただ時の流れに任せて過ぎていくことが多いでしょう。

今回は私と同じようにあのとき、ああしていれば良かった、こうすれば良かった、と思うことがある方たちに向けて、“ずっとやりたかったことを、やりなさい”という本の紹介をさせていただきたいと思います。

よろしければ最後までおつきあいください。

スポンサーリンク

結論

夢を描きながら、葛藤するのが一般的

あなたの中の敵・否定的な思い込み、つまりは

自分自身がやりたいことをやらない、という選択をしてきた

ということ。

この本では自分の中の敵と戦い、やりたいことをやりなさい

そのためにはどうしたら良いのか、どうすべきか、というアドバイスが詰まった本です。

やりたいことがあるけど、これまで諦めて過ごしてきた。

やっぱり諦めたくない。そんな人に読んでほしい本です。

自分の中の否定的な考えを取り除く

一般的な考えを解体するのは容易ではない

あなたの中の否定的な思い込みはなぜおきるのか?

・みんなに嫌われそうだから

・友達や家族を傷つけるから

・頭がおかしくなりそうだから

・友人や家族を見捨てることになるから

・字が正確に書けないから

・アイディアに乏しいから

・親の反対にあいそうだから

・孤立してしまいそうだから

・下手な仕事をしてばかにされそうだから

・カリカリした人間になりそうだから

・お金になりそうにないから

・自己破壊的になってしまいそうだから

・恋人を失ってしまいそうだから

・成功するのが無理だとわかり、落ち込んでしまいそうだから

・自分の中にたった一つしか良い作品をもってないから

・もう遅すぎるから

一気にとりのぞくのは難しいことですが、少しずつマインドシフトしていくことで

新しい思考が生まれる。

人はみな創造的な生き物

「どうすれば創造性を妨げている障害を取り除けるか」

創造性の原理とは

「自分を信じて創造活動に入っていけば道が開ける」

①創造性は自然なエネルギー

②あらゆる生命には創造力が宿っている。

③内なる創造性に心を開こう。

④私たち自身が創造である。

⑤創造性は神からの贈り物である。

⑥創造性を拒むのは本性にそむく行為だ。

⑦創造性を探求するとき、神の心を開く。

⑧創造性の回路を開くと穏やかだが強力な変化がたくさん起きる。

⑨創造性にいくら心を開いても安全である。

⑩創造したいという願望は神聖な源からやってくる。

規則正しい反復的な行為も創造の井戸を満たしてくれる。

例えば・・・針仕事は心を鎮めてくれると同時に芸術的なセンスを刺激する。

     シャワー、スイミング、体をゴシゴシこすって洗う、ひげ剃り、車の運転

     皿洗い、車線変更をするとき、思いがけない瞬間に創造のヒントが浮かぶ。

夢を抱きながら失敗するのが怖くて一歩を踏み出せず、葛藤している人間がたくさんいる。

誰の中にも、アーティスト・チャイルドが住んでいる。

「誰もが地球は平らだと信じていたが、事実はそうではなかった」

全てはあなたの中の敵・否定的な思い込みである。

親や教師によって植え付けられたまま、ずっと放っておかれた否定的な思い込みは、強力な障害の土台になる可能性がある。

創造性を回復するために、あなた自身の否定的な声に耳を傾けてみよう。

あなたをがんじがらめにしてきた

一つの思い込みを解体しなければならない。

羞恥心という足かせ

 行動を起こす前に恐れによって意志をくじかれてしまう人は、羞恥心に妨害されている。

他人が驚くような行動を慎もうとする。

行動を起こす前に恐れによって意志をくじかれてしまう人は、羞恥心に妨害されている。

成長のリズムを見守る

二歩進んで一歩戻る。自分自身にも優しくする。

火曜日にできたことが水曜日にできなくても、それは正常だ。

成長は停滞するときもある。

落胆するのではなく、休息時間だと思えばいい。

ひらめきに満ちた一週間があれば、まったくなんのひらめきがないこともある。

「楽にやる」ことが創造性を育む鍵になる。

ひとりになることを心がけよう。

他人が驚くような行動を慎もうとする。

あなたは静かな時間に浸る必要がある。

まとめ

 この本に

最初に興味を持ったのは実はYouTubeからですが、実際に読んでみて

こんなに深い内容のものだと思わず、すっかりのめり込んでしまいました。

夢を描きながらも一歩をふみ出せずにいる人は

実は自分自身の否定的な思い込みが創造性をうちけしていたんですね。

後編もどうぞお楽しみに♪

See you next time!!!!

忙しいあなたにオススメ!ながら読書!聴く読書♪

フロリダ日常生活とバイリンガル子育てまで - にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました