本場アメリカのハロウィンの本気度がすごい!【準備編】

暮らし

はじめに

 わたしはアメリカ人の夫と二人の子供がいるフロリダ在住の主婦です。

日本にいる頃は夫婦で英語教室を運営していたので、子供向けにハロウィンイベントを開催したり、子供が少し大きくなってからはご近所の方達を誘ってトリックオアトリートをしたりしていました。

そんなわたしが今回は

本場アメリカのハロウィンの本気度はすごい!!と題して

今回は【準備編】

日本のハロウィン飾りとアメリカのハロウィン飾りの違いについてわたしの見たこと感じたことを個人の主観ではありますが、記事にしていきたいと思います。

よろしければ最後までお付き合いください♪

 

結論

 

 本場アメリカのハロウィンの本気度はハンパない!!

家が丸ごとHaunted House(お化け屋敷)かのようです。

庭の芝生にお墓のサインの飾りを沢山つけて

まるで墓地のようにしているお宅もありました。

※写真は撮れなかったのですが。

日本のハロウィンの飾りとの違い

 

 日本に住んでいるころ、我が家もご近所では負けてない?笑。くらい頑張ってハロウィンの飾りをしていましたし、

英語教室のイベントのたびに毎年少しずつアメリカの夫の実家からハロウィンの飾りを送ってもらっていたので、なんとなくはアメリカと日本の飾りの違いを知ってるつもりでした。

 日本とアメリカのハロウィン飾りの違いは、

日本はジャコランタンやゴースト、フランケンシュタインなども可愛いキャラクターになっていて子供たちが怖がらないように配慮されていたんだなあ、

とアメリカに来て気がつきました。

アメリカのハロウィン飾りにも子供向けの可愛いものももちろんありますが、お店に行くと大人も怖くなる飾りが主流な気がします。

あまりのリアルさに日本人のわたしはドン引きします。。。

かなり凝ってます。笑。

え?魔女狩り?をイメージ?


一般のご家庭ですが、まるでテーマパークの一幕のよう。

車で通るたびに視界に入ります。怖い。。。

 

まとめ

 本場アメリカのハロウィン本気度はすごい!!【準備編】

と題して今回は日本のハロウィン飾りとアメリカのハロウィン飾りの違いについて記事にしてみました。

コロナの自粛が続く中で、例年のように派手にハロウィンをお祝いできないとは思いますが、小学生の息子のクラスのママたちが少人数でハロウィンイベントを企画してくれました。後日その報告を兼ねて、記事にしてみたいと思います。

住む地域にもよりますが、小さな子供たちは日本と同様にTrick or Treatを楽しむようですよ♪

 

関連記事はこちらhttps://floridaushappylife.com/wp-admin/post.php?post=924&action=edit

昼間は良いですが、夜はこの辺りを一人では絶対歩けない。。こわっ!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

See you next, time!!!!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました