【2020年版】野外でもできるハロウィンイベント

orange pumpkin beside black witch costume and a broom暮らし
Photo by Gabby K on Pexels.com
スポンサーリンク

はじめに

みなさん、こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?

わたしはアメリカ在住の40代主婦、アメリカ人の夫と二人の子供と

アメリカに来てからは夫の両親と6人家族です。

日本はかなり元の生活に戻ってきているように海外からは見えますが、

いかがでしょうか?

結果的に日本のほうがwithコロナ対策をうまくやっているように思えます。

アメリカは未だにロックダウンしている州もありますし、

未だにリモート授業の州がほとんどです。

わたしと同じように海外在住でステイホームにマスク生活に正直うんざりしてきている(笑)

人たちに向けて今回は野外でもできるハロウィンイベントと題して記事にしていきたいと思います。

よろしければ最後までお付き合いくださいね♪

スポンサーリンク

結果

 ソーシャルディスタンスに室内イベント開催の自粛、マスク生活etc…

こんな生活で今年は子供が楽しみにしているハロウィンも無理!!!!

なんて思っている方へ。

わたしの息子が通う学校のママたちが野外でのハロウィンイベントを企画して

くれました。

野外ならそんな悩みも一気に解決!!

楽しいイベントが開催できました。

今回の記事の内容でわかること

 「コロナ、コロナ、コロナで、もううんざり。」そんなあなたへ。

今回は子供が通う学校のママたちが企画してくれた野外でもできる

ハロウィンイベントについてご紹介いたします。

海が見える公共施設、バーベキューもできる公園にて。

野外の公共施設、バーベキュースペースを活用

 こんなご時世ですので、フロリダ州は住んでいる地区にもよりますが、

室内だと10人以上で集まることが条例で禁止されているということから

野外の公共施設、海沿の公園にあるバーベキューコーナーを利用しました。

元々、息子が通う学校は私立校で少人数制なので

2クラス合わせても子供の数は20人。

日本よりずっと少ないですよね。

当日、保護者も合わせると50人くらいでした。

バーベキューはしませんでしたが、スナックやキャンディー、飲み物を

各自持ち寄り、子供たちが大好きな”Trick or Treat”もしましたよ♪

ママだってストレス解消したい

 当分は授業参観もなさそうだし、PTA懇談もZoom、

個人懇談ももちろんZoomというアメリカの最近の学校事情。

車で子供をお迎えに行った時に以前は先生や保護者同士、駐車場で雑談が

できたのも、今はできません。

おまけにマスクで笑顔も見えず、「コミュニケーションに障害が出てきている」

と感じるのはわたしだけではなかったようです。

ママたちみんな、子供たちの学校での様子を本当はもっと詳しく知りたいし、

ママ同士だってもっと以前のようにわきあいあい楽しく語り合いたい!!!

わたし

ああ、わたしだけじゃなかった

と久しぶりにホッとできた休日となりました♪

わたし

ママたちの最大のストレス解消法は人と直接会って、おしゃべりすることなんだ!!!

と実感しました。これは万国共通!!!!!!

まとめ

 日本もアメリカも世界中が2020年はコロナに翻弄された一年となりましたが、限られた環境の中で

少しでも息抜きできる対策が必要だと心から感じました。

日本の芸能人が命を絶つという悲しい連鎖がこれ以上おきないよう心から願います。

ママってストレス溜まるんです。

大切な人が命を落とすことがないように長引く自粛生活に疲れきってしまわないよう

本人も周りもお互いに息抜きできる環境を作っていきたいですね。

今回は【2020年版】野外でもできるハロウィンイベントと題して、

現在アメリカ在住の私が実体験をもとに楽しいハロウィンイベントをご紹介させていただきました。

日本でも同じことができるんじゃないかな~?と思いましたので

よろしければ情報のシェアをよろしくお願いいたします。


アメリカのハロウィンコスチュームのクオリティー凄かった❣️

今回の記事を気に入っていただけましたら、

ぜひ読者登録とブログ村のランキングの方も最後にポチッと

していただけると最高に嬉しいです♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

フロリダ日常生活とバイリンガル子育てまで - にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました