【アメリカ子育て】イースターパレードには必須!?bonnet hat(ボンネット帽子)って何!?

girl's bonnet hat for easterアメリカ子育て情報

はじめに

 イースターとはイエス・キリストの復活を祝う日でキリスト教の春をお祝いするお祭りです。

春分の日の後の満月の後の日曜日がイースターサンデーとなり、毎年日にちが変わります。

今回はアメリカの学校などで行われるイースターパレードという行事で

多くの人が身に着ける”bonnet hat(ボンネット帽子)”について解説していきたいと思います。

よろしければ、最後までおつきあいください。

“bonnet hat(ボンネット帽子)”とは?

ボンネット (英語bonnet)、ボネ (フランス語bonnet) は、ヨーロッパの伝統的な帽子である。いくつかの種類の帽子がボンネットと呼ばれる。

Wikipediaより

 伝統的なbonnet hat は現代ではロリータファッションを好む人たちが身に付けているイメージですが、ツバの広い帽子で欧米では教会に出かける時の正装として身に着ける帽子のこともbonnet hatと呼ぶそうです。

アメリカの学校ではイースターパレードがある!?

 わたしの娘が通う学校ではイースターパレードを毎年行っているようで、

わたしたちにとっては始めての経験ですが、どうやら昔からアメリカでは

イースターで行われる学校行事のようです。

bonnet hatをイースター用にデコレーション(装飾)して、

世界に一つしかない自分だけのオリジナルbonnet hatを

身に付けてパレードするようです。

残念ながら、「コロナで保護者観覧はできません。」

とのことでしたが、

学校のほうで

沢山写真を撮してくれるとのことなので

それを楽しみにしたいと思います。

2021年のイースターは4月4日

イースター用のbonnet hatを家庭で手作り

 わたしにとっては”bonnet hatって何?”

という感じでしたので、ピンタリストからアイディアをいただき、

手芸屋さんとダラーツリー(アメリカの100円ショップ)をはしごして

まずはダラツリーで用意したstraw hat(麦わら帽子)にイースターっぽい

ヒヨコやバニー、たまご、それから春らしいお花を合わせて購入しました。

色とりどりの造花たちにワクワク♪

子供と楽しみながら世界に一つだけのオリジナルbonnet hat を!!

 ピンタリストをみていると本当にいろいろなアイディアが出てくるので

あれもこれも真似して作ってみたい!という気持ちになるので

オススメです!!!

グルーガンを使ったら簡単に作れます♪

まとめ

 今回はアメリカの学校でイースターパレードをする時に身に着ける

bonnet hat(ボンネット帽子)について深堀りしてみました。

わたしは日本で児童英語講師をしていたので

アメリカの季節イベントは大まかに把握していましたが、

実際に移住してみないとわからないことが沢山あって

いつも子供たちの学校からのメールやお便りにドキドキしてしまいます。

わたしのブログが世界のどこかの誰かのお役に立てますように♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

記事のほうを気に入っていただけましたら、読者登録の方も

よろしくお願いしまーす。

フロリダ日常生活とバイリンガル子育てまで - にほんブログ村
Faithtur 女の赤ちゃんの花の通気性のレースの中空は夏のために日の帽子を彫刻します (ベージュ)

おまけ

 ニューヨークでは大人がbonnet hatをつけてイースターパレードをするようです。

気になる方はこちらから

potcast(音声配信)をStand.fmで始めました〜♪

イースターにはbonnet hat?? - 海外移住してわかる様々な気づき/アメリカでの子育て | stand.fm
今回は前回の収録で予告させていただきましたbonnet hatについて、娘と一緒に作ってみた話をしてみたいと思います。イースターパレードはニューヨークで大人たちが派手な帽子を身につけていて画像をみるだけでも楽しい気分になります。 #イースターパレードアメリカ#アメリカ子育て#アメリカプレスクールイベント#イース...

コメント

タイトルとURLをコピーしました